自社に合った名刺を

電気に関する企業が、蛍光塗料を名刺に塗布したものを使用しているケースがあります。この企業は、停電時などトラブルがあった場合の対処をしている企業です。蛍光塗料を塗った名刺は暗いと光るので、停電時にとても目立ちます。蛍光塗料が名刺に塗られていることを貰った側が知らなければ、恐らく暗くなった場合に驚きます。そして、光っている名刺を覗いてみると、停電時に対応できる電話番号が記載されているという流れが想像できます。
このように、自社でおこなっているサービスの特徴を踏まえた名刺を作成し、クライアントに印象付けることをおこなっている企業もあります

ただし、このように手の込んだオリジナル名刺を作成するとなると、やはりシンプルな名刺より費用が高くなり、作成時間もかかります。場合に応じて、オリジナル名刺とシンプルな名刺を使い分けることもよい方法です。例えば、完全な新規のクライアントの場合は、オリジナル名刺を使用して自社の印象付けをおこない、既存のクライアントであるが、自社から派遣する営業担当者が変わった場合は、シンプルな名刺で済ませるなどといった使い方が考えられます。ビジネスの場では、どれだけ名刺を有効に使えるかが、商談が成功するか否かの重要なポイントであることは間違いありません。

印象に残る名刺

名刺を差し出す男性オリジナルの名刺作成は手間や費用はかかりますが、デザイン次第では強烈な印象を与えることができます
例えば、一見普通の名刺のようにみえるものが、裏返してみると、人物の写真が印刷されていたりします。
その人物は名刺の持ち主本人で、足以外の部分を手で切り取ることができるようになっており、名刺が土台となり、印刷された人物が立った状態になります。
複数人が集う会合などの場で、人物が印刷された足の部分を支点にして折り曲げて立たせることにより、相手に自身の姿を印象付けることができます。

ほかにも個性的な名刺があります。その名刺は背景が黒色で、店舗名などの情報は全て下部に集中しており、一見すると見づらい名刺のように感じます。しかし、これには訳があり、裏返してみると人物の肩から上部分のイラストが描かれています。そして、髪型部分は縁取りされていません。この名刺はどのようなものかというと、ハサミで人物の髪型部分を切ることにより、名刺を受け取った方が自由にヘアアレンジをできる名刺です。または、相手に渡す前にハサミで髪型を作っておいて、そのまま渡しても構いません。背景が黒色、そして名刺の下部に店舗情報が集中していたのは、カットする髪型部分に店舗情報が被らないようにするためです。

名刺業者の特徴

スピードを重視している名刺の業者は、主にシンプルなデザインを扱っているところが多いです。このような業者は既にテンプレートが注文サイトに複数用意してあり、その中から注文する側が選ぶといった形式がほとんどです。
業者によって異なりますが、中には100枚を1時間で仕上げてもらえるスピード印刷プランもあります。色味も一種類だけではなく、基本の形式が存在し、その形式を元に色味や配置といったある程度のカスタマイズも可能です。ですので、シンプルなデザインを求めている企業にとってはぴったりです。そして、値段も安価な傾向にあります。

それに対して、自分で考案したデザインを業者に入稿することにより、オリジナルの名刺をつくることができる業者も存在します。一般的には指定された描画ソフトを用いて原画の入稿をおこないますが、業者の中には紙に描いた原案でも対応している業者もあります。パソコンに自信がない方は、このような業者を利用するのもよいでしょう。

オリジナルの名刺を作る場合は、テンプレートをもとに作成する業者と比べて値段が高くなります。しかし、自身のアイデア次第でこれまでにないような名刺を作成することができるため、名刺のデザインパターンは無限大です。オリジナルの名刺作成サービスを利用することによって、個性的な名刺を作成し、話題となった企業もあります。

ビジネスと名刺

ビジネスの場において、名刺は欠かせません。初対面のクライアントと商談をおこなう場合は、まず名刺交換からはじまります。名刺には、名前や会社名、所属部署、電話番号、会社のホームページ、メールアドレスといった、ありとあらゆる情報が凝縮されています。その後の商談では名刺をもとに顔と名前を一致させ、電話やメールで商談を進めます。
名刺は、初対面のクライアントが自分のことを知って貰うための重要なツールです。そのため、名刺は相手の印象に残り、一目で情報が把握できるものが望ましいです。当サイトでは、ビジネス名刺の作成を業者に依頼する際のポイントについて紹介しています。

名刺は、社員の第一印象を決めるものといってもよいぐらい重要なものです。そのため、名刺作成はプロの業者に頼むことが望ましいでしょう。特に営業担当の方であれば、名刺で印象付けをした上で、商談に移りたいものです。業者が作成する名刺は多種多様なものがあり、業種や場面に応じて作成、使い分けることが可能です。基本として、飾り立てることをしない白地に黒色の文字で書かれた名刺が主流です。クリエイティブな業種であれば、企業をアピールするために、奇抜なデザインの名刺を採用するケースもあります。

名刺業者にもさまざまな業者が存在します。スピードを重視しているのか、もしくは安さか、カスタマイズ性重視なのかなど、自身の企業に合った名刺作成業者を選ぶところから、名刺作成は既にはじまっています。